禁煙のすすめ

禁煙Q&A

禁煙するメリットは?
禁煙で心筋梗塞、脳卒中、がんなどになる確率が減少するため、健康寿命が延びます。これは周囲にいる家族の健康も守ることになり、小さなお子さんがいるなら喘息を防ぐことにもつながります。また、妊娠中の早産や低出生体重児のリスクが少なくなります。もちろん、たばこ代もかからなくなるので経済的な負担が減ります。
病気や寝たきりにならないで、元気で活動的に生きられる寿命のこと
ニコチンガムは禁煙に役立つの?
ニコチンガムは“口の中の湿布薬”のようなもので、ニコチンが頬の粘膜から吸収されていく禁煙補助薬です。保険適応ではありませんが、薬局で手軽に購入することができます。また噛むと数分以内に効いてきて、効果が1時間以上続きます。ただし、のどがひりひりしたり、噛みすぎると気分が悪くなったりするので、上手に噛む必要があります。
ニコチンパッチとバレニクリンは併用できる?
できません。禁煙治療のガイドライン「禁煙治療のための標準手順書」では認められていません。
どうしてもたばこが吸いたくなったらどうしたらいい?
深呼吸する、水やお茶を飲む、ストレッチする、シュガーレスガムを噛む、誰かに話しかけるなど、いろいろ試してみましょう。どうしても吸いたいという気持ちは、普通は数分くらいで落ち着いてきます。
お酒を飲みに行くと吸いたくなるのはどうしたらいい?
禁煙が続かない最大の原因は、酒の席での“つい1本”です。理想としては、禁煙が安定するまでの3〜6ヵ月間は、酒の席でもソフトドリンクやノンアルコールビールなどで我慢しましょう。また、自分が禁煙していることを話のタネにして、周囲に協力してもらうのもいいでしょう。
以前禁煙に失敗した経験があるが、今度は大丈夫か?
たいていの人が平均2〜3回は禁煙に失敗した経験があるようです。前に禁煙した時のことを思い出し、どんなことが原因で失敗したか、どんなことが禁煙に役立ったかを考えて行動すれば、きっと成功します。一度の失敗を責めたり悔やんだりせず、前向きに何度でもチャレンジしましょう。

pagetop

Copyright © acom Health Insurance Society. All Rights Reserved.