禁煙のすすめ

たばこの有害物質

 たばこの煙には、約4千種類の化学物質が含まれており、このうち200種類以上が有害物質とされています。有害物質は体内に入ると血液に溶けて全身を回り、さまざまな病気や障害の原因になります。また、約40種類の発がん物質が含まれているといわれています。

代表的な有害物質

ニコチン

  • 血管を収縮させ、血流が少なくなります。その結果、体温の低下、血圧の上昇、脈拍の上昇を招き、心臓に負担をかけ血管の老化を促進します。強い依存性があり、喫煙習慣を作ります。

タール

  • たばこの煙の粒子成分から水分とニコチンを除いたもので、ヤニのもとです。発がん物質や発がん促進物質、その他の有害物質を多く含んでいます。呼吸器疾患の原因ともなります。

一酸化炭素

  • 酸素の運搬能力を低下させ、全身の細胞を酸欠状態にさせてしまいます。このため、血管壁を傷つけ動脈硬化の発生を促進させます。

pagetop

Copyright © acom Health Insurance Society. All Rights Reserved.