保健事業

禁煙支援

喫煙者の方は、「タバコをやめたい」と思ったことはありませんか?「でもやめられない・・・」のは、なぜでしょうか?それは、喫煙習慣が単なる習慣や嗜好に留まらず、「ニコチン依存症」という病気だからです。2006年4月から「ニコチン依存症」には適切な治療が必要であると国に認められ、健康保険が適用されています。

ただし、「一定条件を満たさない方」、「過去、保険適用で禁煙治療を受け、禁煙外来初日から1年未満の方」は健康保険は使えず、自由診療(医療費10割自己負担)となります。

健康保険で禁煙治療を受けられる一定条件とは?

1

ニコチン依存症を診断するテストで5点以上

 TDSテスト:医師が問診票にて点数を採点します。

2

1日平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上

3

直ちに禁煙を始めたいと思っている

4

禁煙治療を受けることに文書で同意している

2016年4月より、保険適用の範囲が拡大されました。34歳以下の方は、一定条件を満たせば喫煙本数や年数に関係なく健康保険を使って禁煙治療が受けられます。

禁煙

内服による治療法〜チャンピックス〜

これまでの禁煙補助薬(ニコチンパッチやニコチンガムなど)は、皮膚や口の粘膜からタバコの代わりにニコチンを身体に吸収することで、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くしてきました。新しい薬は「ニコチンを含まない飲み薬」です。ニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコを美味しい!と感じなくする薬です。

  • 1日2回、食後に飲みます。
  • 通常、服用期間は12週間です。8日目に禁煙を開始します。<副作用については、説明を受けましょう>

長所

  • 飲むだけなので簡単
  • 皮膚に貼るものではないため、肌の弱い人でも使用できる
  • 接客などの職種、歯や顎の問題でガムを噛めない人でも使用できる
  • ニコチンを含まない

アコム健保では、東京健康相談室にて嘱託医による処方のもとチャンピックス(内服薬)による禁煙を自由診療(10割負担)でサポートします。なお、来室できない方には、電話による面談も可能です。

対象者
アコム健康保険組合の被保険者、被扶養者

基本スケジュール(標準的な治療期間は12週間)

本社および都内周辺勤務者

1

予約した日時に東京健康相談室に来室する 。(毎月第3木曜日、要予約)

2

嘱託医による面談、禁煙指導。内服薬の処方と禁煙手帳発行、代金精算。

3

内服開始後2・4・8・12週後に東京健康相談室にて禁煙指導。

4

月に1度、東京健康相談室にて嘱託医と面談、内服薬処方。

東京健康相談室へ来所が困難な方(電話相談)

1

予約した日時に東京健康相談室に電話する。(毎月第3木曜日、要予約)

2

嘱託医による電話面談、禁煙指導。指定口座への振込後、内服薬と禁煙手帳送付。

3

内服開始後2・4・8・12週後に東京健康相談室に禁煙手帳のコピーをFAXまたは郵送等にて送付。

4

月に1度、東京健康相談室にて嘱託医と電話面談、内服薬処方。

費用概算
7,500円(内服薬2週間分)×処方回数 (禁煙手帳代含む)
郵送の場合:送料400円別途
お問い合わせ先
東京健康相談室 03-3215-3305

pagetop

Copyright © acom Health Insurance Society. All Rights Reserved.