特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて、平成20年4月から健保組合などの医療保険者に対し、40歳〜75歳の被保険者・被扶養者を対象とした健診・保健指導が義務づけられました。

これはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目したうえで、生活習慣病を予防するとともに、これに関連して年々増加する医療費の適正化を図ることを目的としています。

メタボリックシンドロームの原因

「早期発見・早期治療」から「予防重視」の健診へ

これまでの健診は、病気の早期発見・早期治療が主な目的でした。しかし、生活習慣病が死亡原因や医療費の多くを占めていることから、病気になってから治療するのではなく、そうなる前に予防することが重要だと考えられるようになりました。

そこで健診項目が一部変更され、メタボリックシンドロームの判定基準である「腹囲」と、心血管危険因子の判定指標となる「LDLコレステロール」が新たに追加されました。

「メタボリックシンドローム」に着目した保健指導へ

 糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病は、内臓脂肪による肥満の人に共通した原因があることがわかりました。メタボリックシンドロームとは、この内臓型肥満にくわえて動脈硬化につながる危険因子(高血糖、脂質異常、高血圧、喫煙)を複数併せ持った状態をいいます。

 メタボリックシンドロームは、食べ過ぎや偏った食生活の改善、運動不足やストレスの解消、禁煙などを実践することにより、生活習慣病やその合併症(心臓病や脳卒中など)の発症リスクを低減させることが可能とされています。

 そこで特定保健指導では、内臓脂肪型肥満と危険因子を持つ人に対して、生活習慣を改善する具体的な方法を一緒に考え、健康づくりをサポートしていきます。

参考厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト『e-ヘスルネット』

特定健診〜特定保健指導の流れ

特定健診項目と判定方法

情報提供

動機づけ支援

積極的支援

情報提供 動機づけ支援 積極的支援

【対象者】
健診受診者全員

【支援期間】
年1回(健診結果時)

【内容】
健診結果の見方や生活習慣病に関する基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報を提供する。

【対象者】
生活習慣の改善が必要で、改善の意思決定の支援を要する者

【支援期間】
原則1回

【内容】
医師や保健師、管理栄養士の指導のもと、対象者自らが生活習慣改善のための行動計画を策定。6ヶ月経過後に指導者が実績の評価を行う。

【対象者】
生活習慣の改善が必要で、継続的できめ細やかな支援を要する者

【支援期間】
3ヶ月以上(継続的に実施)

【内容】
策定した行動計画を対象者が自主的かつ継続的に行えるよう、指導者が定期的・継続的に介入し支援する。6ヶ月経過後に指導者が実績の評価を行う。

特定健康診査等実施計画

特定健診・特定保健指導を実施するにあたり、次の①〜③の事項について、5年を1期とした「特定健康診査等実施計画」を定めることになっています。

平成25年度から第2期がスタートしました。

特定健康診査等の具体的な実施方法に関する事項
特定健康診査等の実施及びその成果に関する具体的な目標
2のほか特定健康診査等の適切かつ有効な実施のために必要な事項

当組合では、特定健康診査等実施計画を立てて、目標数値を達成するよう計画的に実施していきます。

特定健康診断等計画

pagetop

Copyright © acom Health Insurance Society. All Rights Reserved.